土地区画整理法は、より良い地域に改善していくことが目的です。

土地区画整理法について解説します。

 

土地区画整理法は、土地区画整理事業と大きく関わっています。

 

では土地区画整理事業とはどういうものかというと、ある特定の区域について都市計画を立てたり、公共施設などを配備したり、住宅を建てたりとその地域が快適に住めるように改善する事業のことです。

 

たとえば狭かった道路では人と車の交通の利便性が低いため、道路を広くすることで改善します。そのためにはそこにあった住宅や施設などに大きな変更を迫ることが必要になってきます。

 

よく土地区画整理事業の施工者は都道府県や地方公共団体が主体となって行っているイメージがありますが、個人でも行うことができます。他にも土地区画整理団体や都市基盤整備公社や地域住宅供給公社などが挙げられます。

 

 

土地区画整理事業を理解する上で押さえておきたいキーワードとして、減歩や換地が挙げられます。減歩というのは、どういうことかというと例えば5つの宅地の敷地がある区画を整理したときに、道路や公共施設の新設などを行い、それぞれの敷地が施工前と変わってしまうことになります。

 

施工前に比べて敷地の面積が減少することを減歩といいます。

 

そして施工後に割り当てる敷地のことを換地と呼びます。

 

さらに区画の中でそれぞれの再配備の中で新しく敷地が生み出された場合、そこは保留地と呼ばれ、売却されて土地の整備費用に割り当てられることがあります。

 

 

ところで土地区画整備法に関連した資格として土地区画整理士があります。

 

これは土地区画整備事業を円滑に行うための専門家であり、国土交通省が認定する国家資格です。受験するためには既定の実務経験を積む必要があります。土地区画整理士の資格でディベロッパーや建設コンサルタントで働くことが可能になり、年収も600万円以上稼ぐことが可能だといわれています。

 

不動産業界で有利に働く資格であることは間違いなくある程度の経験を積んだら試験を受けてみる価値はあるでしょう。