東日本大震災の復旧工事の特需で土木施工管理技士の資格取得者が増えています。

土木施工管理技士

 

土木施工管理技士は国土交通省管轄の国家資格で、1級2級の2種類があります。

 

主任技術者や監理技術者の仕事に就くために必須の仕事で東日本大震災の復旧工事の特需で資格取得者が増えています。

 

1級、2級ともに一般財団法人全国建設研修センターが実施する試験に合格する必要があり試験内容は学科と実地があります。

 

2級は1日で学科と実地試験を行い、1級は学科合格者のみ実地に進む流れです。

 

 

土木施工管理技士の仕事

1級、2級で資格を活用できる現場が変わってきます。

 

現場では資格保持者のみが主任技術者もしくは監理技術者として施工計画を作成、現場の工程・安全管理など工事施工に必要な技術上の管理を行えます。

 

管理技術者は1級のみが認められています。

 

1級土木施工管理技士

河川、道路、橋梁、港湾、鉄道、上下水道など

 

2級土木施工管理し

土木、鋼構造物塗装、薬液注入など

 

現場や職場に有資格者を置くルールがある

建設会社は営業所ごとに1級土木施工管理技士を配置し、現場ごとに主任技術者もしくは監理技術者を配置するルールを法律によって定められています。

 

資格を持っていると、転職でも優遇されます。不動産業界でいう宅建取引士のような役割を持っている仕事で、キャリアアップにつながる資格です。

 

 

受験資格

土木施工管理技士は学歴に応じて現場で一定期間以上の実務経験を積まないと受験資格を得られません

 

2級土木施工管理士の受験資格

中卒:8年以上の実務経験
高卒:4年6ヶ月以上の実務経験
高卒(指定学科):3年以上の実務経験
短大・高等専門学校(5年制):3年以上の実務経験
短大・高等専門学校(5年制の指定学科):2年以上の実務経験
大卒:1年6ヶ月以上の実務経験
大卒(指定学科):1年以上の実務経験

 

1級土木施工管理士の受験資格
1年以上の指導監督的実務経験年数のある2級不保持者

中卒:15年以上の実務経験
高卒:11年6ヶ月以上の実務経験
高卒(指定学科):10年以上の実務経験
短大・高等専門学校(5年制):7年6ヶ月以上の実務経験
短大・高等専門学校(5年制の指定学科):5年以上の実務経験
大卒:4年6ヶ月以上の実務経験
大卒(指定学科):3年以上の実務経験

 

1年以上の指導監督的実務経験年数のある2級保持者

2級合格してから5年以上の実務経験もしくは14年以下の実務経験、ただし学歴に応じて2級合格5年未満で、実務経験14年未満でも所定の実務経験で受験資格を得られます。
高卒:10年6ヶ月以上の実務経験
高卒(指定学科):9年以上の実務経験

 

1年以上の主任技術者の実務経験者2級不保持者

中卒:13年以上の実務経験
高卒:11年以上の実務経験
高卒(指定学科):8年以上の実務経験

 

1年以上の主任技術者の実務経験者2級保持者

2級合格してから3年以上の実務経験もしくは12年以下の実務経験、ただし学歴に応じて2級合格3年未満で、実務経験13年未満でも所定の実務経験で受験資格を得られます。
高卒:8年6ヶ月以上の実務経験
高卒(指定学科):7年以上の実務経験