土木作業員の仕事は長期的に安心して働ける職場も多く、現場で働くことが好きな人に向いています。

土木作業員になるには

 

土木作業員

 

土木作業員は土木工事の現場の作業を行います。
代表的な仕事内容は以下のとおりです。

 

  • 宅地の造成
  • ビルや施設の建設
  • 道路工事
  • 河川の整備
  • ダムの建設
  • トンネル掘削

 

工事をするときは、道路や基礎を作る前に地面を綺麗にしないといけません。

 

建設には必ずといっていいほど必要な作業で、道路、河川、ダム、トンネルなど税金を使った工事も多く、長期的に安心して働ける職場も多いです。

 

最初は肉体動労を強いられますが、不動産・建築関係の仕事の中では簡単に就ける仕事で、中卒で働いている方も多い業界です。

 

 

仕事の種類

土木作業員は、機械の使えない場所で人力で作業する「土工ショベルカーなど重機を使う「機械土工の2種類があります。

 

比率は土工が多いのですが、大きな現場では土工は派遣やバイトが大半を占めて社員は指示を出します。

 

機械土工をするには使用する重機に応じた免許を取得しないといけません。

 

機械土工を目指して就職前に免許や資格を先に取る方法もありますが、実務経験がないと最初から機械土工の仕事をさせてもらえないことが多いです。

 

まずは土工として下積みを行い、職場の指示で働きながら資格を取って機械土工のスキルも身につけていくのが一般的なキャリアアップへの道です。

 

 

バイトを探すなら派遣会社に登録する

土木作業員を要する建設会社は自社で求人の募集を行っていないことが多く、派遣会社を利用して土工や補助スタッフを雇っています

 

土木は現場や作業内容によって必要な人数が異なります。
肉体労働のためバイトの中では給料を高めにしても離職率は高いです。
派遣は複数の現場を回ることもできるので、働く人も安定して仕事をできるメリットがあります。

 

土木作業員の仕事をバイトで体験してみたい場合は、建築関係の仕事に強い派遣会社に登録しましょう

 

 

土木作業員の魅力

幅広い建築現場で需要のある仕事で安定する職業です。
人員をかける現場も多く長く続けていけば昇給もありますし管理職のポストも豊富です。

 

ただし多くの現場は出世しても現場に入ることになるので、現場で働くことが好きな人に向いています。職場は体育会系なので従業員とのコミュニケーション能力を求められます。

 

接客業とは違い、慣れてうまく従業員と人間関係を構築できれば、体力こそ使いますがストレスなく働くことができます。

 

経験も必要な仕事ですが、求人のほとんどは未経験者も歓迎していて、経験者でも優遇されることは少ないです。

 

つまり、働き口はたくさんあっても転職しながらキャリアアップするのは国家資格を持っている場合を除いて難しく同じ勤務先で長く働かないと責任のある仕事やポストに就かせてもらえない業界です。

 

建設現場中心の仕事であれば日中の仕事が中心で慢性的な残業はありません。
道路工事の現場になると夜勤の仕事もあります。

 

休みを自由に取りにくい職場ですが、土日は休みで大型連休も用意される職場が多くプライベートも確保しやすい職業です。

 

働きながら体力をつけることもできますし、最初は体力的に苦痛に感じることもありますが、数ヶ月働けばすぐに慣れます。