宅地建物取引士は、不動産に関するエキスパートであり、人生における住の世界に影響を与えます。

宅建について

宅地建物取引士の仕事について

宅建業法では、不動産屋の中で、営業所ごとに5人に1人は宅地建物取引士の資格所持者を専任として設置することを義務付けています。

 

宅地建物取引士という名称は、来年の4月より、従来の宅地建物取引主任者から変更される名称です。以下、宅地建物取引士の名称を用いていきます。

 

不動産の売買や貸借には、トラブルがつきものです。
具体的には、売り手と買い手が、お互い、お金の支払いと不動産の引き渡しを同時に行わないということです。
よって、そういうトラブルが起きないように、契約の前に、重要事項の説明を行う必要があります。

 

この重要事項の説明は、宅地建物取引士が行う独占業務になります。

 

重要事項の説明を行うことで、売り手と買い手が、お互い、安心して、売買の取引を行うことができます。その上で、売り手と買い手が、契約書を交わすことになります。

 

重要事項の説明の書類と契約書には、必ず、宅地建物取引士の記名と押印が必要になります。

 

また、不動産の貸借の場合にも、貸借の契約が成立する前に、宅地建物取引士が、借主に対して行います。そうすることで、不動産の貸し手と借り手の間のトラブルを防ぐことになります。

 

そして、宅地建物取引士には、様々な不動産に関する知識が必要になります。
具体的には、宅建業法や、民法、建築基準法や都市計画法、不動産に関する税金などになります。

 

 

宅地建物取引士の役割

宅地建物取引士は、不動産の売買や貸借を行うことで、宅地建物取引士は、
人々のライフプランをサポートする役割を果たすといえます。

 

なぜなら、不動産の買い手は、家を持つことで、家族に対して、安定した環境を与えることになり、人生を健やかにすごすことができるようになるからです。

 

また、不動産を借りることで、ステータスを手にすることになり、仕事にも活力をあたえることになるからです。

 

よって、宅地建物取引士は、不動産に関するエキスパートであり、人生における住の世界に影響を与えているといえます。