管理業務主任者は、マンション管理業者にとって欠かせない資格です。

不動関連の資格について①

マンション管理士について

最近のマンションでは、一軒家に比べ、独身や夫婦共働きで子供なしなどの家族が増えている影響で、居住者が激増している状況があります。

 

よって、居住者の増加に伴い、居住者どうしのトラブルも現実的に多くなっています。

困っている人

 

そんな、居住者どうしのトラブルの解決や、マンションの設備を維持していくために、マンションには管理組合があります。

 

マンションの管理組合の業務は、マンションの居住者が担当する場合が多いです。

 

しかし、マンションの住民は、専門的知識が乏しいです。

 

そんな時に必要とされる資格が、マンションの管理組合の立場で業務を行う
マンション管理士です。

 

マンション管理士は、マンションに関して、建物区分所有法などの専門的知識を有しており、管理組合の業務をサポートすることができるので、適正なアドバイスを管理組合に対して行い、相談役としての役割を担うことになります。

 

よって、 マンション管理士は、トラブルの解決能力やコンサルタントとしての才能が必要とされる資格であるといえます。

 

 

管理業務主任者について

最近のマンションでは、マンションの管理組合が、業務をマンション管理業者に委託している場合があります。

 

そんな時に、マンション管理業者が円滑に業務を行えるようにするために、必要とされる資格が、管理業務主任者です。

 

マンション管理業者は、マンション管理組合の数に応じ、決められた数の管理業務主任者の資格保持者を設置しなければならないことになっています。

 

管理業務主任者は、マンション管理組合から委託された管理業務を、マンション管理業者が適正に行われているかを確認し、その結果をマンション管理組合に報告します。

 

管理業務主任者の独占業務は、管理委託契約に関する重要事項を説明して、重要事項の書類に記名や押印を行う業務になります。

 

よって、管理業務主任者は、マンション管理業者にとって欠かせない資格であり前述した独占業務が大事な業務となります。