入居者の契約では、借地借家法の知識や、敷金に関する知識も必要になります。

不動産管理の仕事

物件管理業務

不動産賃貸管理の仕事として、物件管理があります。
具体的には、賃貸に出している建物の定期的な点検、修繕作業になります。

 

建物の外観や設備は、賃貸に出す上では、最も大事なポイントです。
この管理いかんで、借り手がつくかが決まるともいえます。

 

また、物件で庭や公園が近くにある場合、特に環境を良くするために、
草むしりやどぶさらいなどの清掃の作業もあります。

 

 

入居者募集業務

不動産賃貸を経営していく上では、入居者が居なくては、当然、経営していけません。
よって、入居者募集は大事な仕事です。
具体的には、HPに新しい物件情報を掲載したり、問い合わせに対しての、窓口業務になるので、物件の情報収集能力と説明能力が求められるといえます。

 

また、この時に契約の業務も当然行うので、賃貸に関する法律である借地借家法の知識や、敷金に関する知識も必要になります。

 

そして、入居者を適確に見分ける事も大事です。
折角、希望の物件を案内しても入居者が、家賃未納や滞納になったら、経営していけません。
よって、人を見抜く力も必要となります。

 

 

家賃管理業務

不動産賃貸を経営していく上では、家賃収入が定期的に入ってくることがポイントであり、家賃の管理が業務として、あります。
家賃の管理は、家賃を滞納している者への催促をします。

 

また、貸主に代わり、家賃の集金代行を行ったりもします。
よって、催促や集金の業務なので、粘り強い交渉力と地道なフットワークが必要となります。

 

 

入居者対応業務

不動産賃貸として、入居者からの対応業務があります。
具体的には、入居者からのクレーム処理になります。

 

特に、雨漏りや部屋の設備の故障などのクレームに対応することになります。
よって、借主と貸主の権利関係や設備に対する知識が必要になります。

 

この業務の対応によって、入居者に対する評判が決まり、更新してもらえるかどうかも決まってきます。
実質、トラブル対応なので、借主と貸主の言い分を聞き分け、慎重に物事に対応する力が求められるともいえます。

 

その他の不動産関連の職種についてはこちら