不動産業界の職種とその仕事内容について解説します

不動産関連の職種

販売の職種

不動産の販売会社や新築マンションの分譲会社が該当します。
不動産の販売会社は、土地や建物の建売住宅の販売を行います。
いかに、優良物件であるかをアピールして、場合によっては、値段の交渉なども行うため、交渉力が必要になります。

 

新築マンションの分譲会社は、新築マンションの販売を行いますが、大抵の場合、物件の企画から販売、管理に至るまでの全工程を行います。

 

新築マンションの分譲会社はライバルが多いため、物件に関して、
どれだけ他社に比べて優良であるかをアピールすることが大事です。

 

また、投資目的のワンルームを販売する会社もあります。
この場合、いかに投資した金額に対して、リターンを上げるかが大事なので、顧客に対してワンルームに投資した場合にいくらの家賃が得られるのかを説明する力が求められます。

 

 

仲介の職種

不動産の仲介会社や賃貸会社が該当します。
不動産の仲介会社は、不動産を仲介あっせんを行うことになります。
大抵は、大手のチェーン店が多いです。

 

不動産の賃貸会社は、賃貸のあっせんをメインに行います。
訪問客の予算や、要望を聞き分けて、適確に物件をすすめる力が必要となります。

 

 

管理の職種

ビル管理会社が、該当します。
ビルの点検や修繕や、テナントからのクレーム処理に対応します。
よって、ビル設備に関する知識と経験が必要とされます。
不動産管理の仕事について

 

 

開発の職種

デイベロッパーが該当します。
大規模な都市開発や再開発を行います。
よって、都市計画法や建築基準法に関する知識が必要になります。

 

 

リフォームの職種

リフォーム該当します。
中古の不動産の場合、リフォームが必要になります。
リフォーム業者は、巷にあふれています。
本当に必要なリフォームを見極めて、顧客と話し合うことが必要になります。
そして、工事業者を管理していくことも要求されます。

 

 

コンサルティングの職種

不動産コンサルティング会社が該当します。
最近では、相続税対策として不動産を活用する例が増えてきています。
今後、需要が高まると予想されます。