不動産業界は人とコミュニケーションを図ることが好きな人にとっては◎。

これから不動産業界で働こうと思っている人、不動産関連の会社に就職を希望している人にとって、「不動産業界の仕事って大変なの?」という疑問を少なからず抱えていると思います。

 

ここでは不動産業界で働くことでどんなメリットがあるか、どれくらい大変かということを中心に解説したいと思います。

 

 

まず「不動産業界で働くことは大変か?」という疑問ですが、基本的に不動産会社で働くことは楽ではありません。

 

例えば不動産営業や不動産仲介業というのは、基本的に土日を休むことができません。
それは借り手が土日祝日に集中して訪れたり、物件を見たいという人が多いので、休みは基本的に平日のいずれかの日になります。

 

このお客さんの都合に合わせなければいけないというのが、不動産屋さんの大変なところで休日だけでなく業務終了後でも電話にでたり、何かを調べたりすることが求められることもあります。特に一般のお客様を相手にするので、感情的になる人も少なくありません。人に接することが好きではないと難しい仕事といえるでしょう。

 

また不動産営業では完全歩合制を採用しているところもあり、契約が取れない場合は会社にいることができなくなったり、リストラされてしまったりと会社の雰囲気もギスギスしてくるところもあるようです。

 

離職率が高い職場もあり、賃貸契約の営業ではノルマがあるところも多く、労働条件としては必ずしも良いとはいえないようです。

 

 

ただ不動産業界のメリットとしては売買不動産の営業に関しては1件の契約が数千万円の売り上げを出すため、成果次第で1000万円を超える年収が見込めたり、平均よりも高額な給料を得ることもできます。

 

したがって不動産業界で生き残ろうと考えている場合、ノルマをこなしたり、契約をたくさん獲得したりというガッツがないと続けていくのが難しいといえるでしょう。

 

しかし住宅や賃貸物件のことについて興味があったり、物件を見たりするのが好きな人にはおすすめの仕事です。