売買不動産の営業職と賃貸不動産の営業職のお給料を比較してみました。

不動産業界の給料事情に迫ってみましょう。

 

不動産業界はかなり年収が高いという意見と、意外に給料は安いという噂が流布しています。どちらが正しいのでしょうか?

 

その謎を解き明かすのは、「売買不動産」か「賃貸不動産」かということです。

 

売買不動産というのは、新築のマンションや建売の戸建ての家、さらに土地などを売ることによって収益を上げ、逆に賃貸は賃貸物件を貸し出す仲介手数料により利益を上げます。

 

この場合、前者の年収は高くなり、後者の年収は低くなります。

 

例えば賃貸不動産会社の営業マンの年収は平均で300万円~400万円程度である場合が多いです。一般的なサラリーマンと同じで、生活が苦しいと嘆く若手社員もめずらしいことではありません。

 

逆に売買不動産会社の営業マンの年収は500万円以上で1000万円を超えることも稀ではありません。それくらい売買不動産と賃貸不動産の収益の上がり方は違うのです。
三菱地所や三井不動産の平均年収は1000万円を超えるなど企業の中でも非常に高い年収を持っているといえるでしょう。

 

 

賃貸不動産の営業は、給料が少ない上に週に1日しか休みがないため、離職する人も少なくないといいます。月給でいえば18万円~25万円程度で、他にもっと稼げる仕事があるなら転職したいという人も一定数存在します。

 

逆に売買不動産の営業マンは、契約を多くとることで年収は高くなりますが、あまり成績が良くない社員は稼げず、場合によってはリストラされる可能性も高くなります。逆に賃貸不動産の社員は、一つの契約の金額は低くてもお客さんが来る頻度は売買案件よりも圧倒的に高くなるので仕事のプレッシャーは少ないといえるでしょう。

 

しかし賃貸不動産の場合は、営業ノルマがある場合も多く、歩合給に反映されるのはそのノルマの売り上げを超えたときに社員にバックされるようになります。このように不動産業界は賃貸か売買かによって給料事情が大幅に変わってきますので就職する前によく検討されると良いでしょう。