不動産の建築設計は、建築主との打合せから施工に渡るまで、様々なものがあります。

不動産設計の仕事

不動産の建築設計は、建築主との打合せから施工にわたるまで、様々なものがあります。

 

以下、具体的な内容について、確認していきます。

 

 

建築主との打合せ

設計イメージ

建築主と建築の目的、設計のコンセプトや基本的な完成イメージを打ち合わせます。
この作業は、建築主と設計する側が考え方を擦り合わせる機会であり、両者に意見が食い違うと、後でトラブルになることもあります。
よって、納得がいくまで話し合いを重ねるべきであるといえます。

 

そして、なんといっても予算です。
いくら、立派な建物を建てようと思っても、予算の範囲で、出来ることは限られてきます。
限られた予算で、建築主の希望にあう設計を行うのが、腕の見せどころといえるでしょう。

 

また、家族構成やライフスタイルに関しての希望もよく考慮に入れて、打ち合わせを行うべきであるといえます。

 

 

現地調査

建築予定地に赴き、現地調査を行います。
この時に、建築主との打合せどおりのものが現実的に建築可能であるかを見極めます。

 

具体的には、道路の状況や 日照の問題、周囲の景観等を確認します。
やはり、周りの環境に即した建築物を行う必要があり、入念な現地調査は、大事なポイントになります。

 

 

基本設計

建築主との打合せ内容や、現地調査の結果をもとに、基本設計図を作成し、建築工事費の概算を算出して、予算額と比較し、建築が可能であるかを検討します。

 

 

実施設計

基本設計に基づき、詳細に至るまで検証を重ねる作業を行います。
具体的には、内装や外観に関する設計、耐震や風雨などの災害に耐える柱などの構造や材料を決定する設計、建物の価値を高めるための設計を行います。
そして、建築実施の計画書を作成して、建築主への確認を行います。

 

 

施工会社の選定

実施設計をもとに、施工会社を選定していきます。
この際には、施工会社の見積りの金額や技術、実績や信用力を考慮します。

 

よって、業者を見分ける力とコーディネートする力が必要とされるといえます。
そして、施工会社の選定後、施工の条件や設計図の説明を施工会社に対して行います。