立派な設計でも、肝心な工事がおろそかであれば、良い建築物はできません。

不動産工事の仕事

不動産設計の次は建設工事です。

 

建設工事の主要なものとして、建築工事、屋根工事、電気工事、塗装工事について、確認していきます。

 

せっかく、設計が立派であっても、肝心な工事がおろそかであれば、いい建築物は、できあがりません。
また、中古の不動産に関しては、リフォーム工事の必要性も出て来るので、リフォーム工事についても、確認していきます。

 

 

建築工事

建築工事は、一軒家の骨組みを決める工事となります。
よって、家の基礎を決めるものなので、最も大事な工事であるといえます。

 

建築築一式工事

建築工事としては、建築築一式工事があります。
建築築一式工事とは、鉄骨鉄筋コンクリート造の工事です。

 

木造工事

また、木造工事があります。
木造工事とは、一軒家に多い木造建築物工事になります。

 

プレハブ工事

そして、プレハブ工事があります。
鉄骨や軽量鉄骨によるプレハブ造建築物工事になります。
簡易施設などで、必要になります。

 

 

屋根工事

屋根工事業とは、屋根を瓦や金属薄板等により、ふく工事になります。
屋根は、家を守る部分なので、大事な部分になります。
風雨に強いつくりである必要があります。

 

 

電気工事

電気工事は、 家の発電設備や変電設備を設置していく工事になります。
入居者のライフラインに関わるので、大事な工事となります。

 

 

塗装工事

塗装工事は、主に、家の壁や屋根の塗装を行う工事です。
この工事により、家の外観が決まリ、建築物の完成イメージも変わってくるのでポイントとなる工事であるといえます。

 

 

リフォーム工事

リフォーム工事は、古くなった建築物の部分を補修する工事になります。
特に、家を賃貸に出す時、あるいは、売却に出す時に必要になります。

 

リフォーム工事は、外壁塗装工事内装工事の2つになります。
外壁塗装工事の箇所は、家の壁や、雨戸、玄関になります。
外観の古さを直すことで、イメージが変わってきます。

 

内装工事の箇所は、バス、キッチン、トイレ、洗面室などの水回りやリビングルームになります。
やはり、肝心な部分です。生活環境を改善するので、大事な工事になります。