建築士の資格は、1級建築士、2級建築士、木造建築士の3種類に分かれます。

建築士について

建築士の資格について

建築士の資格は、1級建築士2級建築士木造建築士の3種類に分かれます。

 

その資格により、設計できる建築物の範囲が異なります。

 

以下、具体的に資格の詳細について、確認していきます。 

 

1級建築士

最上級の資格で、高層ビルから住宅にいたるまで、ほぼ、すべての建築物に対する設計を行うことができます。 

 

2級建築士

1級建築士と比較して、建築物の範囲は、絞られますが、具体的には、延べ面積が30㎡から300㎡までの鉄筋コンクリート造や木造の建築物の設計を行うことができます。  

 

木造建築士

木造の建築物に限られ、具体的には、延べ面積300㎡以下の木造建築物の設計を行うことができます。

 

よって、建築士は、それぞれの対象となる範囲で、建築設計業務を行うことになります。

 

また、建築士は、個人で開業している人大手の建築メーカーで働く人の2つに分かれ、
それぞれで仕事を行う範囲が異なります。

 

 

建築士の仕事

  1. 建築士はまず、建物の完成イメージや予算について、顧客と打ち合わせしていきます。

    この打ち合わせを基に、建築士としてのアイディアを顧客に提案し、建物の完成イメージを練っていきます。

  2.  

  3. 建築士は、建物の完成イメージをもとに、設計図を作成していき、設計図でイメージしずらい箇所については、模型などを用いて、顧客に完成イメージを伝えていきます。
  4.  

  5. 完成イメージが決定したら、建築物に用いる素材や内装についての詳細な内容を決定します。

    よって、建築士は、相手の要望を引き出し、その要望に応えらるように、いかに自分のアイデアを出して、最終的に具体化していく力が求められます。

  6.  

  7. 建築物のイメージが固まったら、建築物の工事を設計図の通りに行えるように、工事現場の人たちを指揮して、監督していきます。

    よって、現場の工事業者との立ち合いの中で、設計を手直しすることもあります。

 

また、建築物や内装の設計だけでなく、構造設計や設備設計についても、行っていきます。